LLP千代田コンサルティングファーム

相続についての一考

LLP千代田コンサルティングファーム

相続についての一考

From:LLP千代田コンサルティングファーム代表 山本眞

※残された家族に財産を与える方を「被相続人」、与えられる方を「相続人」としてお話しして参ります。

平成27年1月より相続税改正が行われることにより、世の中では今まで相続税の対象者で無かった人まで、相続税の対象が広がるという事で話題になっており、対処本やセミナーが世間を騒がせておりますが、今回は相続の基本を考えて見たいと思います。

まず、被相続人はどの様な形で相続人に自分の財産を各々の相続人に渡したいかを考える上で、物理的には遺言書を残す(公正証書遺言書や秘密遺言書等)という事を考えていると思います。

しかし、自分の相続財産を相続人に渡したときに、どの様に相続後使って貰いたいか迄はなかなか考えてはいても、相続人に知らしめる事迄を考えていない事が多々有ると思います。

遺言書を残すという事は、残された相続人達にとって一つの大きな指針が出来るのでありますから非常に有り難い事だと思いますので、是非とも遺言書は残しておいて頂きたいと思いますが、どの様に使って欲しいと言うメンタルな部分は別途、今よく言われているエンディングノートの様なものを遺言書とは別に書いて残しておくという方法を考えてみたら如何でしょうか。

このノートを書き残して置く事により、自分が苦労して築いた財産や或いは先祖から引き継ぎ、ご自身が守り育てた財産の行方をご自身の考えに沿って利用して貰うという新たな考え方が出来ると思います。

相続財産は確かに物理的なものですがそこに被相続人のエモーション(感情)も入れておくことにより、その考え方や人生観まで相続人に相続させる事が出来ると思います。

何しろ、もともとは被相続人の財産なのですから。

次に、相続人の相続に対する考え方です。

先述致しました通り、相続財産は相続人のものではなく、被相続人のものなのであります。

要するに、相続人が当然の如く引き継ぐモノなのではないと私は考えます。

相続人は、被相続人からその財産の全部或いは一部を相続したなら、相続した事自体に有り難く頂いた、という考え方を持つべきであり、感謝するような考え方を持って貰いたいと、私は常に相続人に言い続けております。

勿論、法律では相続財産の法定割合や遺留分の減殺請求権は確実に有ると言うことは良く解りますが、あくまでもそれは自分の権利とのみ考えずに、「感謝の気持ち」を頭の片隅に置いてみてください。

そうする事で相続というものに対しまた違った見方が出来ると思います。

「人は、パンのみに生きるにあらず」です。

LLP千代田コンサルティングファーム代表
CPA・CFP 会社法務士
山本 眞

お問い合わせ

※は必須項目です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ項目(必須)

お問合せ内容(必須)

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

当サイト「LLP千代田コンサルティングファーム」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。


新着情報