LLP千代田コンサルティングファーム

遺産を分けるという事

LLP千代田コンサルティングファーム

遺産を分けるという事

FROM:千代田総合コンサルティング㈱ 相続診断士 小笠原 あずみ

平成25年9月4日に最高裁判所で「非嫡出子」(【ひちゃくしゅつし】婚姻関係にない男女間に生まれた子供のこと)の法定相続分を「嫡出子」(【ちゃくしゅつし】婚姻関係のにある男女間より生まれた子供のこと)の半分とする法律が「法の下の平等」を保障した憲法に違反しているとし、違憲、無効とする初の判断がくだされました。このニュースは「婚外子差別違憲」などの見出しで皆さんの記憶にも新しいと思います。

これは、「嫡出子」「非嫡出子」の法定相続分の違いが、本来法の下において平等であるべき「子供が親の遺産を相続する権利」について、親が婚姻しているか否かで差別されるのはおかしい、という訴えが根本にあります。

今回は、このニュースの骨子ともいえる『法定相続分』についてお話ししていこうと思います。

まず、相続は配偶者や血族関係者がいれば誰にでも発生する事ですが、財産が有れば『分け前』が気になるのは正直な所です。

残された人たちが皆仲良く分け合えれば全く問題が無いのですが、悲しいかな、遺産に目がくらみ仲の良かった兄弟姉妹でも骨肉の争いとなる事もあります。

そのように相続人間において協議が成立しなかった場合、分割の目安とするために民法が定めた相続分のことを『法定相続分』といいます。

では、実際に法定相続分のルールはどのようになっているのでしょうか。法定相続分といえば真っ先に割合が頭に浮かぶと思いますが、順番の目安も設けられています。

順位、割合と分けてみていきましょう。(共に原則の場合とします)

まずは相続する順位です。

  • 配偶者は常に相続人となり、他の順位の血族と同順位で相続する。
  • 血族の順位は、第1順位→子、第二順位→直系尊属(父母、祖父母)、第三順位→兄弟姉妹。
  • 上の順位の血族がいる場合はそれより下の順位にいる血族は相続人になれない。

次に割合です。
①配偶者(夫や妻)あり

  • 子供がいる場合→配偶者1/2、子1/2(人数分で割る)例;妻、子供2人が相続人の場合→妻1/2、子1/4、子1/4
  • 子供がいなく、被相続人の父母が健在の場合→配偶者2/3、父母1/3(人数分で割る)
  • 子供がいなく、被相続人の兄弟姉妹がいる場合→配偶者3/4、兄弟姉妹1/4(人数分で割る)

②配偶者なし

  • 子供がいる場合→子供がすべて相続します。
  • 子供がいなく、被相続人の両親が健在の場合→両親がすべて相続します
  • 子供、両親共にいない場合→兄弟姉妹がすべて相続します。

さらに、一世帯をまたいだ場合については次の様に決められています。

本来相続すべき人が相続開始前に亡くなっていたり、相続権を失って相続人になれない場合はその人の子などが相続します。それを「代襲相続」といいます。
③配偶者がいて子供(1人)は相続開始前に死亡、しかし孫(その子供の子供)がいる場合

→配偶者1/2、孫1/2(人数分で割る)。

と、このような感じになります。

そして、今回冒頭にも挙がった嫡出子、非嫡出子について以前は次の様に決められていました。
④相続人に嫡出子と非嫡出子がいる場合

→非嫡出子の相続分は通常の嫡出子間の相続分とは異なり、非嫡出子の相続分は嫡出子の1/2となる。

この1/2が論点となっていたのです。

「異母兄弟で籍を入れていないだけで自分の存在価値が差別されている気がしていた。今回の判断で救われた思いがした。」(支持意見)

「家庭をないがしろにされた上に相続分も同等なんて…逆にこちらが賠償請求したいくらいだ。」(反対意見)

「後ろめたいことは無いのに、入籍をしていないがために婚外子というくくりで差別されるのは嫌だ。」(支持意見)

当然、昔にくらべ、ライフスタイルや、結婚についての概念の多様化にともない、支持・反対の声は様々です。

しかし、最高裁判所の判断が出てしまった以上近々、民法(900条4号ただし書きについて)が見直しされる事となると思いますし、この判断がくだされた平成25年9月4日を境に相続税申告についても変わってきています。

そして、この様に大きなニュースになる事は、いままでは特定の人だけに意識されていた「相続」問題を『相続税法改正』の話題と共に更に広範囲の人に意識させるきっかけにもなったのではないでしょうか。

いま、ここまでお読みくださった方も、これを機会に残された家族が争ったり、悲しい思いをしない為にも積極的に「相続」について考えてみてはいかがでしょうか。

生前贈与、事業承継、遺言等など対策は様々あります。

LLP千代田コンサルティングファームではお客様のご相談にあわせ、各種法律の専門家が最適な計画を一緒に考えていきます。

是非、ご相談下さい。

千代田総合コンサルティング㈱
相続診断士
小笠原 あずみ

お問い合わせ

※は必須項目です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ項目(必須)

お問合せ内容(必須)

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

当サイト「LLP千代田コンサルティングファーム」の許可無く写真・コンテンツの転載等を禁じます。


新着情報